2017年01月19日

夜空と輝く星と川のせせらぎに話を聴いてもらいながら

今日はにわか雨が降るかもって朝天気予報で言ってたのに
夜空はキラキラと輝いている星たちが見える。。

駅からほぼフルの楽器たちを背負って
家の近くまで
ゆっくりゆっくり歩いてきた。。

毎回音種♪から
特に難病の子供たちやホスピスなどの現場から
帰途につく時

なぜか近くの河原で荷物を下ろして
しばらく川のせせらぎを聴きながら
夜空をぼぉ〜と眺めたくなる。

そうしてると
今日の音種♪での時間に
子供たちや先生たちやケアスタッフの皆さんの表情や微かな反応や驚きの出来事や笑顔や…
共に届けてくれた仲間の音や表情や雰囲気や笑顔や…
いろんな光景がまた映画を観てるみたいに浮かんでくる。

そして、子供たちから直接感じたことは聞くことは叶わないけれど…

一瞬でも
何か感じてくれたかな。。
楽しい瞬間があったかな。。
何か新しい出会いがあったかな。。
心に何か世界が広がったかな。。
心にかすかな光が射したかな。。
いのちに優しく響いてくれたかな。。

そんないろんな想いがゆっくりと夜空から降ってくる。。いつも


何の答えも出はしないのにね


でも、また何の答えも無いまま
それを自分のいのちに抱えることで共に生きて

また…音の種を届ける。。


そしてまた。。


でも、それでいいんだと想う。

毎回毎回、音種♪も誰かのサポートでの音も
最初で最後のつもりで音を添えたいと想ってきた。
それは、今ここを生きることだから。
いつできなくなるかもわからないのだから。。それはいのちあるということ。。


だから、こうして川のせせらぎや夜空や輝く星に
自分の感じてきたことを
聴いてもらうのだろう。
ずっと耳を傾けてくれるから。
喜びも嬉しさも楽しみも感動も…そして心の痛みも。。


自然はすべて受け取って共にいてくれるから。。気が済むまで。。


さあ、冷えてきたからお家に帰ろう。


レポートはまた別に改めて書けたらと想ってます。
posted by こころなび at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの投稿です〜音種♪始め

元旦以来の…かなり久しぶりの投稿になってしまいました。


今年は、心に想いが湧いてくるけれど
何か言葉にできない。。そんな新年の始まりです。


音種♪が初声を上げる今から10年以上前

僕は精神科臨床の現場での仕事にすべてを注いでいました。

だけど
ある日、大量下血で病院へ行ったところ、
大腸がんと悪性黒色腫の2つのがんの可能性があると診断され
約2ヶ月ほどいろんな精密検査をすることになったことがあります。
その期間、自分の人生観やいのちの感覚は180度変わりました。
目の前に広がる世界の見え方も
人間関係の考え方も
変わりました。

そして
もし結果が進行性の悪性だったら
あと数ヶ月間で
今すぐ自分ができることは何なのかと考えたとき…
僕自身がいのちに寄り添う音楽ができなくても
テレビの中の人や有名人じゃなくても
いのちに寄り添う…そして、心が幸せに穏やかになれる…音を紡ぐアーティストさんがいる。
そして友人知人にも何人かそう想える人がいたことから

僕は
届けてほしい人

届けたい人
を繋げることならすぐにでも実現できる。。
そう想い、友人のピアニストのアーティストを
かつての音楽療法の仕事でパートナーをしてくれた友人が働く病院のホスピスへ
つなげることがすぐに実現して
その時、ほとんど意識のない患者さんの目から涙がつぅ〜と流れたのを見て。。
そして最初苦しそうな表情だったのが
穏やか和やかな表情に変わったのを見て…

自分にもいつまで生きられるかわからないけど
僕にできることはただひとつ…
人のいのちに寄り添い
心の宿る音や歌を届けてくれる人たちと出会い、つなげていきたい。
そう想った日のことが、
音種♪をただひたすら続けてきた
背中を押してくれたきっかけだったと想います。
新年の始めに、そんなことを想い返していました。

そして
今日1月19日から
2017年の音種♪活動が船出となります。


今年初めての音種♪は

難病や医療的ケアや常時介助が必要なため学校に通えない
重症心身障害児(小学生〜高校生)の子供たちのための
院内教室の子供たちと
その教室を卒業し、今年、20歳を迎えた子供たちへ

『芸術鑑賞教室』

という
東京都から委託されたかたちになる
東京都都立学校等公開講座(授業のひとつみたいな位置付け)

としてお届けします。

約5〜6年、ふだん音楽活動、ライブ活動をしている
個人〜グループ、バンドのアーティストさんを
ジャンルや人を必ず変えて
コーディネートさせていただいてきましたが、
今年は、新屋賀子とネコヤナギ楽団
のみんなをコーディネートさせていただきました。
10周年であることや20歳を迎える子の中に何年も見守ってきた子もいて
今年は、自分が所属させてもらっているバンドの仲間と共に
選曲やテーマなども、一緒に考えさせてもらって
自分の個人的な想いも添えさせてもらえました。

寒い季節ですが
心が温まる音楽に包まれ、心の世界が豊かに自然に広がりますように
posted by こころなび at 10:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2017年明けましておめでとうございます


大変遅ればせながら。。2017年あけましておめでとうございます!

昨年は、皆さん、本当に大変大変。。お世話になりました。

今年もよろしくお願いします!

年末年始・・熊本に帰って
母のお寺に行くことも昨日ぎりぎりまで検討していましたが
今年は休みが少なすぎることや総合的に考えると厳しい状況だったり
仕事納めの次の日30日くらいから
疲れが出たのか・・
大晦日の夜には悪寒と体が痛くなり
少し熱が出て。。
でも風邪薬飲んで、汗をいっぱいかいて寝てたので
今日は、峠は越してずいぶん楽になりました。
いや〜もし熊本へ向かっていたら
もっと辛かったかもなあ。。
結果的に中止てし良かったと思う。。
しかし、年越しを風邪で寝込むとは。。(笑)(;^_^A

まあ、考えようによっては
1年の垢や疲れを一気に出し切って
新しい年2017年を迎えたということで
肯定的にも受け取れるかもだし(o^-')b

明日は
母の命日。。

明日には完全回復して
熊本のお寺には行けなかったけど
自宅に位牌はあるので
ちゃんと母に美味しいものでも供えないとね。

母がまだ生きていた頃は
必ず年末は熊本の実家に帰って
いろんな手料理を用意してくれていて
着いたら、すぐ食べて。。(笑)
大晦日は、必ず紅白歌合戦をテレビで観ながら
年越しそばを食べて
こたつに入りながら、隣では
母が歌っていて。。
リキ(愛犬)がそばでくっついて可愛い寝顔で幸せそうに寝ている。。

そんなことが当たり前な毎年だったけれど
今となっては
それが。。当たり前ではなく。。
なんて幸せなひとときだったのだろうと。。

幸せというのは
そういう、その時はなにげなく
平凡で普通のことに思っていることの中に
すでにあるものなのだと気づきます。。
それは、もう無くなってから、
あれが幸せだったのだと、知ることなのかもしれませんね。
posted by こころなび at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする