2016年08月31日

愛が溢れるお誕生日と新しい門出のお祝いホームパーティー

160828_1954~01.jpg28日の日曜日は

今年4月からパーカッションメンバーとして音楽活動に参加させてもらってる
『新屋賀子とネコヤナギ楽団』のメンバーで
素敵なフルーティストの仲間と
新屋さんやメンバーの素敵なお友達の娘さんとパパさんのお誕生日のお祝いと
その娘さんが頑張って創作した芸術作品がなんと賞を取れたそうで
たぶん芸術家として認められスタートをきれることになったそのお祝いも一緒に
そして
9月からずっと望んでいた地方にお引越しし新生活スタートする素敵な母娘のお友達との送別会…などなど
8月はお祝いが重なり、その皆さんのお祝いのホームパーティーが行われ、
僕も参加させていただいて
その中で、何曲かミニお祝いライブで音を添えてまいりました。(^_^)

白い小さなお城のようなお家で
なんとグランドピアノが2台並んでいる素敵なお部屋。(^w^)しかも1台はスタインウェイ(*^o^*)

愛が溢れるお家。。
笑顔が溢れる集まり。。
自分のためではなく
他の人の誕生日や門出を涙が溢れ、お話できなくなるくらい
涙腺崩壊し、それにまた何人かつられて涙腺崩壊(ToT)
ほのぼのした温か〜いホームパーティーでした。(*^o^*)

お祝いに伺ったのに、むしろ僕が皆さんに癒されて過ごさせてもらって
ほんの少しお祝いの音を添えたり
鳥笛や石垣島の星砂(幸せが訪れると言われてるらしい)
のプレゼントくらいしかできることはなかったけれど
本当にまだ皆さんと出会って半年も経たないのに
こうして穏やかで幸せに包まれるホームパーティーに参加させてもらえて
本当に有り難い幸せな時間でした。。

楽しい時間はあっというまで
またまた終電ぎりぎりで帰ってきました。(笑)

本当におめでとうございます&ありがとうございました(T_T)
posted by こころなび at 18:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

8月26日障がい者施設での音種♪レポート〜安心の種、希望の種となるように祈って

昨日、26日(金)

知的に障がいのある人とその家族が
人として『幸せな人生』を送ることの出来る
心豊かな社会づくりをめざし
知的障がい・自閉症・ダウン症・身体障がいなど
様々な障がいを併せ持つ障がい児・者の親の会として発足し、
以後、福祉をはじめ教育・医療・就労・権利擁護等多くの分野において、
関係機関と連携をとりつつ、障がい児・者の家庭生活や社会生活の
向上・福祉施策の推進のための活動を行なっている
福祉施設からの依頼で
そこの夏祭りイベントのゲストとして
音種♪をお届けに伺いました。

音種♪仲間の入江規夫さんの沖縄音楽などを中心とした歌と
渡辺淳さんの尺八と篠笛による演奏で
お届けしました。

演奏会場には
施設利用者の皆さんをはじめ
そのご家族や、地域に住んでいる
子供たちからお年寄り、
そして赤ちゃんやちいさな子と訪れている親子まで
障害者も健常者も一緒に
音種♪の時間を共に楽しんで過ごしてくれて
とても良かったなあ〜と感じます。(^_^)

子供からおばあちゃんまで、
小物楽器ですごく積極的に一緒に参加してくれたり
何度も、障害ももつの皆さんが
自然とステージに出てきてくれて
感じるままに素敵なダンスで踊ってくれたり
子供たちが楽器でお母さんと演奏に参加してくれていたり
車椅子の男の子のそばにジャンベをもっていくと
ジャンベの皮を触って気に入ってくれたり
時折、叩いて音を紡いでくれたりして
その時、付き添っていらしたご家族の嬉しそうにされている様子に
僕も良かったなあ。。と感じます。

この26日は、
偶然にも、ちょうど
相模原市の津久井やまゆり園で、
19名もの知的障がい者の方々が
命を奪われてしまった事件から1ヶ月の日でした。

障がいをもつこと
病気をもつこと
それは
人間が、いのちある存在であり
生きることが当たり前ではなく
奇跡に近いことだということを
気づかされることだと感じるのです。
そして
自分ひとりで生きているのではなく
人は支え合って、助け合って、
学びあって、教えあって
体験を共有し合って
感じあって生きるのだと。。
気づかされるのです。

もし、障がいをもつ人や病気をもつ人が
この世に存在しなければ
気づくことができない、
本当に大切なことが
いっぱいあるのではないでしょうか。

そして、
今、健常者だと想っている人たちも
いつある日突然自分が病気や障がいを抱えることになる、
あるいは、その家族になるか、わからないのです。
その可能性が誰にもあるわけで
他人ごとではないということに気づき実感している人は少ないのです。

最近、共に音種♪活動している入江規夫くんが

「音楽を通して、みんなと友達になりたいと素直に想えて音種♪してる」

って言ってくれて

僕はそれがきっと

どんな場所でも

音種♪で大切に感じる

「共に生きる音楽」

が皆さんに伝わって、生まれているのだなあと想いました。

そして

音種♪でお届けするライブの時間では

”安心ミュージック”

”自由で垣根のない交流できる時間”

”心地よいお互いを感じ合える音楽”

そういうことが自然に生まれていくといいなあ〜

と願って、

これからもお届けしていけたらいいなと想いました。
\(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/

いつもですが

僕自身が、何かを与えているというよりも

当事者の皆さんやご家族、施設関係者の皆さんから

あるいは仲間たちから

毎回、大切なこと、気づきを与えられていると感じるのです。

今回、

去年、越谷サンシティホールでの県大会での音種♪をご依頼してくださり

お世話になった

越谷市手をつなぐ育成会の会長さんの

ブログの中で発信された
津久井やまゆり園での事件について書かれた記事での言葉

『知的に障がいがあっても、私たちの子供たちは楽しいことも辛いこともそれなりにあって、
この子たちなりの人生を懸命に生きています。
ひとり一人が、それぞれの家族にとってかけがいのない存在です。
この子たちが元気で生きて暮らしていてこそ、
私たちも互いに支え合って生きていかれるのです。
共に生き、共に暮らす「共生社会」の扉を『憎悪』によって閉ざしてはなりません。
「堂々と生きて」いきましょう。』

と共に、

僕個人としては、音種♪も寄り添って

お届けできたらと想いお届けしまてきました。

会長さんの発信された全文

http://koshigayasiikuseikai.blog.fc2.com/blog-date-20160801

そして

全国手をつなぐ育成会連合会の
神奈川県立津久井やまゆり園での事件についての
公式声明文は

http://zen-iku.jp/wp-content/uploads/2016/07/160726stmt.pdf

です。

音種♪は
音楽を通してのささやかな活動ではありますが
皆さんの安心や幸せな瞬間を
共に紡いでいく。。
そんな希望の種となることを祈っています。。
※本番での写真はないので、控え室での写真のみです(笑)

160826_1607~01.jpg
160826_1648~010001.jpg
160826_1904~01.jpg

posted by こころなび at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | 音種♪活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

今日夕方17時から埼玉県越谷にて知的障害者支援施設で音種♪をお届けしてまいります

今日8月26日(金)17時〜17時40分という
かなり珍しい時間帯で(笑)

埼玉県の越谷にある
知的障害をもつお子様を持つ親の皆さんが創設された
福祉施設の夏まつりイベントの中で
ライブのゲストとして
音種♪をお届けに向かっています。

何年か前に1度12月クリスマスライブとして
この施設からご依頼ありお届けしたり
また、去年は、越谷サンシティホール大ホールという
とても素晴らしいコンサートホールで
この施設の母体のNPO全国組織の埼玉県大会のゲストとして
音種♪コンサートをお届けさせていただきましたo(^-^)o

この施設の皆さんやご家族、地域住民の皆さんなどが
今日の夏祭りでの「音種♪」の生演奏によって
みんなが自然と共に過ごせて、心踊る時間を共につくり合えれば…
「聴く」「感じる」「共に踊る」を
叶えて頂ける演奏をイメージしています…
との依頼された職員さんの想いでした。。
その願いが叶えられるような音種♪に
自然に生まれますように。。祈り。。

今日届けてくれることになった
音種♪アーティスト仲間は

★入江規夫さん(うた、三線、ギター、カリンバなど)
★渡辺淳さん(尺八、篠笛)

となりました。

行ってまいります!
posted by こころなび at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする