2015年10月25日

自分で道をつくればいいんですよ

三軒茶屋のキャロットタワーの26階にある

素敵な景色の展望レストランでの

音種♪から自宅に帰ってきた。

通常は、フォーマルな硬くなりがちな記念式典ですが

少しでも、この大事な記念式典の中で

皆さんの心のねぎらいと

ほっと一息・・心のオアシスのようなひとときに

音種♪の時間がなっていたようです!

良かったなあ〜

ほんとに良かった!

詳しくはまた別で書けたらと想います。


自宅に帰って、僕もちょっと一息休憩で

テレビをつけたら

「夢の扉」

という番組で

日本人初の「国際山岳医」大城和恵さんが

山の遭難者を減らしたいと挑戦されていることを

放送されていた。


国際山岳医の資格を取得した当時、

日本で初めてのことなので仕事が無く、

どうしたらよいか分からず途方にくれていた時期があったらしいのですが

北海道の山岳救助隊のアドバイザーをするきっかけが生まれ

そのときに、隊員の方から

「先生は初めての人なんだから

何でも

自分で道をつくればいいんですよ」

と言われて、転機が訪れたそうです。


「仕事が無いのではない。

ビジョンさえあれば、やることはいっぱいある。」

そう思うようになって、

ここまでやってこれたそうです。


それを見て。。

僕の心の扉にも、ドアを叩かれた気がした。。


音種♪の活動にしても

臨床家としても

ビジョンも信念も確信も、

自分の中ではあるのに

新しいことでもあり。。誰かの真似ればよいことでもない

すでに道があることでもないから。。。


足踏みして、先に進めない自分がいるのに気づく。。


「初めてのことをしていくことなのだから

道がなければ、自分で道をつくればいい。」


「仕事が無いのではない。

ビジョンさえあれば、やることはいっぱいある。」


そんなふうに

自分の臆病な。。弱く、勇気の無い。。心の扉を叩いて

語りかけてくれる言葉だった。

あとは

道無き道を、自分で道をつくってでも、

歩んでいく勇気と、覚悟。。

そして自分にとっての生きる意味

を自分に問いかけ、いのちと共に対話することだと想った。
posted by こころなび at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は三軒茶屋キャロットタワーのレストランにて重症難病をもつ親の会の40周年記念式典で音種♪へ

今週は、金曜日と日曜日と、
音種♪をお届けする日は
2回となりました。

金曜日は、重症心身難病の子供〜成人までの医療病棟にて
ピアニストの重松壮一郎さんに音種♪を

そして
今日は、重症の難病の子供たちをもつ親の会が、40周年を迎え、その記念の式典イベント
『世田谷区重症心身障害児(者)を守る会 創立40周年感謝の集い』
に呼んでいただき、
三軒茶屋のキャロットタワーの26階にある
「レストランスカイキャロット」にて
4名の音種♪仲間の音楽アーティストのみんな

※五十音順
○青木智世【TOMOYO】さん・・ピアノ
http://www.tomoyoaoki.com/
○入江規夫 さん・・うた、ギター、三線、カリンバなど
http://ameblo.jp/norioto/
○河口有里さん(フルート)
○ゆ〜みんちゃん(サックス)


お届けします!

今日は、守る会の皆さんにとって大切な日。

そして、会長さんはじめ、ご家族の皆さんやお子さんも
音種♪仲間が届けてくれる生のライブをとても大切な機会だと
毎年、2月に成人の祝いもかねての集まりに呼んでくださって
一緒に過ごさせていただいていて
今回の40周年記念の大切な式典が素敵な時間になるには、
音種♪の皆さんが頼りの綱とまでお伝えくださり、
こんなにも音種♪仲間たちの音楽を必要と感じてくださっている想いに
嬉しく想います!

僕は、ただただ40周年のお祝いと皆さん一人一人の心の幸せを祈って、
そっとそこに共に生きていたいと想います。

行ってきます
posted by こころなび at 11:06| 東京 ☀| Comment(0) | 音種♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

音種♪から夜の暗闇カフェライブへ

重症の心身の難病の子供たち〜成人の方々で
医療処置が常に必要な方々のための医療病棟
での
今年から新たな試みとしての音種♪定期便は

ほんとに皆さんの反応や様子に
笑顔や目に涙を潤ませる方や素晴らしい時間が流れました。

今回は
10年前に
音種♪以前に
音種♪立ち上げのきっかけとなった
ホスピスにコーディネーターとして
初めてつなげた

重松壮一郎さん

http://www.livingthings.org/profile/index.html
に夜の国分寺でのライブツアーの前に
届けてくれました!
おひとりおひとり、即興とオリジナル曲の
重松くんの世界に
何かおひとりおひとり感じてくれてるようでした。

僕は皆さんのベットサイドでそばで小物民族楽器を時折添えながら一緒に聴きました。(^_^)
最後では重松くんから一緒に即興で、と提案あり
音を添えさせていただきました。
低音が心地良かったと言ってくれて
ちょっとでもサポートになってほっとしました。(^_^)

詳しくはまた。

そして、まだ夜の暗闇カフェライブまで
時間があるとのことで
久しぶりにカフェで語らいの時間。(^_^)

そして、そのまま国分寺カフェスローでの
20時からの暗闇カフェライブへ一緒に来ています。

普通にお客としてのつもりだったのですが
リハーサル中に急遽、
ライブ前半の最後の予定曲でオリジナルの「水滴のダンス」で
ジャンベで音を添える出演することに
まさかの予定外で…なりました。(^_^;)

仲間であっても
本人のライブでサポート出演の時は
本人の大切なライブで、お客様のためにも
じゃましてはいけないと
つい、邪念が働いて、いつもの音種♪の時のような感じるままの演奏にならず
お手伝いになってない気がして、
今日は、あまり考えずに想いのままに、音種♪の時と同じように
ありのまま、感じるままに音を添えてみようと想います〜


明日も、都会の中の癒しの森と言える
仙川にある森のテラスでも重松壮一郎さんのライブがあります!
何か気になられたら
オススメですので、良かったら聴きにいらしてみてくださいね

ライブ詳細はこちら

http://www.livingthings.org/schedule/index.html

今日も明日も
人間味あるやわらかい温かい作品で空間演出される
テキスタイル作家・椎原由紀子さんとのコラボです。

今日明日が皆さんの幸せとなりますように(^人^)
posted by こころなび at 19:21| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする