2017年08月06日

2011年石巻サルコヤ楽器店さんとツクイ石巻大街道デイサービスセンターさんとの出会いの始まりの回顧録


≪2011年石巻サルコヤ楽器店さんとツクイ石巻大街道デイサービスセンターさんとの出会いの始まりの回顧録≫

2011年3月11日に東日本大震災が起きて

石巻は津波の甚大な被害で被災し。。

最も多くの方々が犠牲になり亡くなった

被災地だった。

震災発生10日後から

石巻へ毎週のように通う中で

石巻サルコヤ楽器店の井上社長さんと

出会った。

当時の井上社長さんの復興への想い、

音楽への情熱の語り。。

石巻川開き祭りの日に

営業再開したいという決意。。

店頭ライブを途絶えさせたくないという社長の願い。。

そして、何よりも

2011年5月に訪れたときに

ひとりまだ電気も水もガスも復旧していない中

自家発電のライト1つで

井上社長がたった一人で

ヴァイオリンを一人修理していた姿に

自分のできることは小さいが、

いろんな人が井上社長やサルコヤ楽器店に

つながってもらえる懸け橋になれたら・・と祈った。。

ツクイ石巻大街道デイサービスセンターさんとの出会いは

まだ、津波被害で再開されていないころ

そこで働いていた職員さんが

ご自身が被災者であるにもかかわらず

僕が当時、ボランティア活動の拠点とさせてもらってた

石巻専修大学近くの公民館をかりて

多くの災害ボランティアが活動していた

ボランティア支援ベース「絆」

にお手伝いに来られていて。。

その時、ちょうど、

現地にボランティアに来ていた人の中から

有志を募り

歌える人、楽器を弾ける人、

バルーンアートできる看護師の卵の人

ブレイクダンスを出来る人などなど

さまざまな、それぞれのできることを結集して

即席音種♪チームを結成して

牡鹿半島の避難所など2ヶ所へ

音種♪コンサートを届けるために

ちょうど音あわせなどをしていて・・

それを見られていて、

「わたしが働いていた高齢者デイサービスにも

再開したら、音楽を届けにきてもらえませんか」

とお願いされたのがきっかけで。。

その後、2011年は

石巻川開き祭りの日の前までに

東京から同行してくれた音種♪仲間のみで

音種♪ライブが2回訪問してお届けすることができて。。

そして、8月1日は

「外は川開き祭りで賑やかだけど、デイサービスでは何も予定もなく

また、施設に通っている利用者さんは、

祭りを楽しむこともほとんどできないのです」

と職員さんからお聞きし。。。

『それならば、音種♪がこちらからお伺いして

お祭りを楽しみ皆さんのように、

外の方々と同じように施設に居ながら

音楽を通して少しでも楽しいひとときを過ごしてもらえたら。。』

という経緯で

3回目の訪問としてお届けすることになって。。

毎年8月1日に

お届けするようになった。。

2011年から・・それから

2017年の今、こうしてまだ

毎年

石巻川開き祭りでのサルコヤ楽器店頭ライブが続いていて

それに参加させてもらえていること

ツクイ石巻デイサービスセンターへも

音楽をお届けに訪れることができていることに

感慨深く、

井上社長や施設の職員さんたち

そして

音種♪仲間たちやGQゴスペルファミリーチームの皆さんたち

に感謝をしないではいられない。

皆さんがいなければ

今年も実現できなかったのだから。

感謝。。

2011年当時の様子の日記。

http://ototane.seesaa.net/archives/201107-1.html
http://ototane.seesaa.net/archives/20110801-1.html
http://ototane.seesaa.net/archives/20110802-1.html
http://ototane.seesaa.net/archives/20110805-1.html
http://ototane.seesaa.net/archives/20110808-1.html

あと
2011年5月にサルコヤ楽器店に音種♪仲間たちと訪れたときの
動画。
サルコヤ楽器店の当時81歳の店主の復興への想いのお話も
少しあります

http://www.youtube.com/watch?v=MsH9y3nfNJI

http://www.youtube.com/user/GAKKISAISEI#p/a/u/0/X46rrMx2ql8

http://www.youtube.com/watch?v=sDfyyM28RvY

http://www.youtube.com/watch?v=X46rrMx2ql8

http://www.youtube.com/watch?v=pb0v7t8vQHY

そして

添付写真は

井上社長がヴァイオリンを修理している写真や

サルコヤ楽器店や周辺の2011年の被災の様子、

ツクイ石巻デイサービスセンターでの2011年5月に

初めて実現したときの音種♪です。

この時は、まだ東京から多くの仲間に同行してもらえる状況になく

余震も続いていて。。まだ危険も了承てくれた上で同行してくれた

限られた仲間のみでの

サックス、ピアノ、パーカッションのみの

たった3人だけで、ヴォーカルもいない編成でしたが

精一杯、自分たちのできることで届けたのを思い出します。。

50bccda1.jpg
170805_2202~010001.jpg
170805_2201~010001.jpg
さとちゃんとじゃくちゃん.jpg
DSC01764.jpg
DSC01770.jpg
f2de0f36[1].jpg
posted by こころなび at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | 音種♪活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

あと1週間後の7月18日には、音種♪11周年になります。。

2006年7月18日に


音種♪という活動は


産まれました。


たった4人ほどのメンバーで


第1回音種♪が産声を上げました。


それから、気がつけば10年間が経っていて


去年、10周年を迎えて


それからあっというまに


あと1週間で11周年になる。。


東日本大震災が起きるまでは


第何回目なのか認識できていたのですが


宮城県の石巻へ発生10日後から半年間通って


避難所、病院、福祉施設、など


いろんなところで音種♪を届けていて


その後の混乱の中、回数の把握が分からなくなり。。


今、何回なのかが正確な数がわからないけれど


ちょっと、過去のブログなどからざっくりと


調べたところ


音種♪を


これまで11年間で450回前後は、


お届け続けてきたことになるようだった。。


ただ数の問題ではなく、


1回1回の依頼、1ヶ所1ヶ所、出会ったお一人お一人。。

ひとりひとりの届けてくれる仲間たちの音楽。。

すべてに意味をもって

音種♪という時間が実現できるように

たいしたことはできないけれど

心のエネルギーだけは

1回1回投入はしてきただけで

10年や何回という目標でやってきたわけではないので

振り返ったら

そういう足跡が残っていた。。


ただそれだけのような気もする。。


おととしまでは

7月18日の音種♪の誕生日では

ひとりで

ささやかなお祝いをして

と言っても

ご飯ついでに乾杯(しかもお酒ではない(笑))

していたけれど

去年は、10周年ということで

秩父の音楽寺にお参りに訪れるのに

数人の音種♪仲間も一緒に参加してくれたりして

遠い場所で忙しい中

ほんと嬉しい初めて仲間と過ごす音種♪誕生日だった。


今年は、

7月18日は平日だから

当日は訪れられないけれど

16日(日)か17日(月・祝)には

ちょっと1〜2日早いけれど

音楽寺に、無事に音種♪が1年間届けられたことの感謝と

音種♪に関わってくれた仲間たちの個人の音楽活動、

そして、出会った人たちが

これからも音楽によって幸せに恵まれることを祈りに。。

訪れようと想っています。

これは、もう何年も続けてきたことだから。。

僕にとっては

音楽という存在は

大切な預かりもの。。そう感じることが多いから。。
yjimage[1].jpg

788770_827009611.jpg

160718_1329~010001.jpg
posted by こころなび at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | 音種♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

がんの当事者の方やそのご家族、ご遺族の方のための心のサポートの会「がんカフェ」〜急きょ、来週だった予定が今日20日に開催日が変更になりました。

ある病院の緩和ケア病棟(ホスピス)



医師、看護師、音楽療法士などが中心になって

がんの当事者の方、ご家族、ご遺族のために、

悩みや不安を語らう場を提供し、サポートする会である

『がんカフェ スマイルケア』

2011年に立ち上げられて

この会の代表が、

かつて僕が精神科臨床現場で働いていたとき

音楽療法などの担当をしていたときに

パートナーとして共に創ってくれた

長年の友人だったこともあり、

僕はその病院の職員ではないのですが

立ち上げ時から声をかけてもらって、

僕は、第1回開催から、

音種♪や個人臨床依頼など先約が重ならないかぎり

みなさんの心の声をお聴きする

がんカフェのサポートスタッフとして、

参加者の皆さんの語りを

お聴きしています。

今月は、27日開催と聞いていたのですが

急きょ、諸事情で

今日20日13時30分からの開催に変更になったと連絡がありました。

がんの患者さんである当事者の方。。

がんの当事者を支えているご家族。。

そして、がんでご家族を亡くしたご遺族。。



”病気のこと”、

”辛くて悩んでいること”

”将来の不安”

”看病が大変なこと”

”最愛の家族を亡くしたこと”

などなど。。

色々な悩みや思い、

その他、どんなことでも

お茶を飲みながら自由に語り合えます。

心に寄り添う温かい仲間のスタッフが

笑顔でお迎えします。

予約不要で、参加費も無料です。

毎回、初めに30分くらい

多様なテーマや視点や分野の

ミニレクチャーを行っています。

今日のテーマは、

『こころのケア』

です。


皆さんの心に、

温かな感覚と

ささやかにでも照らしだす光が
生まれますように。。祈ります。
posted by こころなび at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | こころの臨床 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする